Top > ボイストレーニング > ジャズシンガーにがするべきトレーニングは?

ジャズシンガーにがするべきトレーニングは?

ボーカルに限らず、音楽の要素はリズム、コード、フレーズと言えるでしょう。
特にリズムはジャンル独自のものがあります。
ポップスやロックはエイトビートです。
一方、ブルースやジャズはフォービートです。

 ■横浜のボイストレーニングならここ

ジャズシンガーのボイトレは、まず、フォービートを身体で捉える方法をトレーニングすることです。
同じフォービートでも、ジャズドラムのビートは一拍目と二拍目、三拍目と四拍目に微妙なずれが生じます。
奇数拍の直前に細かいアウフタクトが入り奇数拍が長いように聞こえます。
チャ―チャッチャ、チャ―チャッチャという感じです。
一方、ジャズベースはフォービートを均等に刻みます。

ボイトレの方法は、実際のリズムセクションをバックに、このリズムを身体で覚えることが早道です。

ジャズシンガーに求められるのは美しい声でも正確な音階でもありません。
リズムに乗って、これを身体で表現する方法と言えるでしょう。

ボイストレーニング

関連エントリー
ジャズシンガーにがするべきトレーニングは?